肌トラブルを防ぐための美容ノウハウ

カラーリングをするときの注意

若い人は非常に多くの人が自分の髪の毛をカラーリングしているのではないでしょうか。
カラーリングは家でもお店でも行うことが出来ます。
例えばドラッグストアなどにいくとカラーリングが自宅で出来るような商品がたくさん並べられています。
自分がなりたいカラーリングの色を選ぶのは難しいのではないでしょうか。
多くの人は会社のこともある為あまり明るい色にしたくないと思うものです。
そのためこげ茶色程の色を選ぶかもしれません。
しかし注意が必要です。
一度カラーリングするとその髪の毛は色が薄くなり光に当たると明るくなります。
太陽に当たるといつもより明るくなることがあるのではないでしょうか。
またプリンという状態をご存知でしょう。
新しく生える髪の毛は自分本来の髪の毛でしょう。
その為色の違いが目立ってしまうのです。
そのようなことも考慮に入れて選びましょう。
自宅で行うのもよいですが数回に一度の割合でもよいのでお店に行くのも良いでしょう。
髪の毛はすぐに傷んでしまいます。
カラーリングをすれば余計でしょう。
美容室などに行くとカラーリングの色を選ぶことが出来ます。
しかしお店では美容師の配合で色が決まります。
例えば黄色系かピンク系かを選ぶことが出来ます。
光に当たったときにどちらの色が強く出るかと言うことです。
自分の好みの色を詳しく伝えましょう。
美容室でのカラーリングではトリートメントが入っています。
その為カラーリングした後は髪の毛が非常につやつやしています。
とてもきれいな仕上がりになるのです。
またプリンになってしまったときは、そのプリン部分だけカラーリングすることが出来ます。
常にそうしておけばきれいな状態を保つことが出来るでしょう。
ある人は本来の髪の色に戻したいと思うかもしれません。
そのような時はまず色を染めてその後時間がたつのを待つと良いでしょう。
カラーリングするとがんになりやすいと言う噂があります。
しかしこれは科学的な根拠は無く噂の段階です。
それであまり気にしなくて良いでしょう。
カラーリングするといつもと雰囲気が変わり楽しくなります。
またカラーリングに合わせて眉毛の色を変えたいと思う人もいることでしょう。
そのような時はぜひ髪の毛の色に合わせてカラーリングしましょう。
美容室で同じようにカラーリングしてくれますので楽しんでみると良いでしょう。
初めて染める場合は良く相談してください。
相手はプロなのでよいアドバイスをしてくれるでしょう。
SEARCH
SHARE
LINEで送る
Copyright (C)2017肌トラブルを防ぐための美容ノウハウ.All rights reserved.